FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

車検切れ後5日。ってとこでやっと行ってきました。 多摩陸事。

2年後、忘れないように、手順を書いときます。

整備に関しては、昨年ブレーキパッド、シュー交換。フロントアーム近辺のグリスアップだけしておきました。
取り合えず、ブレーキ不良で事故だけは避けられるでしょう。

それと下回りの洗浄。これは必須です。コイン洗車場の高圧洗車機で、念入りに洗っておきましょう。

ユーザー車検の第一歩は、 予約からです。
継続車検は、何処の陸事でも出来るので、勿論近い多摩にします。
予約は、 ネットで出来ます。 
こちら
 
https://www.yoyaku.navi.go.jp/pc/reservationTop.do

お勧めは、午前中です。 もし不合格でも当日でしたら、再検査無料です。 

さてと
持ち物ですが

1. 自動車検査証
2. 自動車税納税証明書
3. 自賠責保険証
4. 定期点検記録簿(24ヶ月)
5. 現金 重量税、手数料、自賠責保険料(新規)分と、テスター屋さんの料金

でOKです。

重量税ですが、今年は少し安くなったそうで、¥30000
自賠責が¥30130
手数料が¥1800
テスター屋さんが¥5000
合計¥66930

これだけです。


お正月気分の最中ですが、1月4日朝より、多摩陸事めざしてスタートです。
まずは、テスター屋さん。 前回もお願いした 米山自動車さんです。
¥5000は高いと言う人もいますが、しろうとにも丁寧に教えてくれますし、ノウハウも教えてくれます。
必要書類、自賠責もこちらで完了します。
助かります。
 車検のラインと同じ事をテストしてもらい光軸の調整をしてもらいました。 サイドスリップ、スピードメーター誤差、排ガス、ブレーキ、サイドブレーキはOKでした。 灯火類の確認をしてもらい、ナンバー灯の不点発覚。
ランプ代¥200、またFウインカーの色が薄くもしかしたら落ちるかもと指摘受けました。

さてと
陸事に向かいます。 最初に陸事の駐車場に車を止め、道路向かい側の 「自動車整備振興会」に行きます。
ここで、テスター屋さんで用意してもらった書類(継続審査申請書)に納税の確認をしてもらいます。
持参の書類と、テスター屋さんで貰った書類を渡します。自動車納税証明書はここで必要になります。
書類にハンコをもらい、重量税、手数料分の印紙を購入し、書類に貼り付けます。(バッチリ教えてくれます)

次に多摩登録審査事務所に行き、 5番窓口(ユーザー車検専用窓口)に書類を提出します。 予約の確認をして車検のレーンに行くよう言われます。3番、4番どちらでも良いそうです。

P1060846_convert_20110104205322.jpg

今日は正月最中なので、ガラガラ。 ほんの数台しかいません。

検査官がきました。
「ユーザー車検です。 よろしくお願い致します」
挨拶は肝心。

車体番号の確認、なぜかパワーウインドの確認、 キャンピングキットの確認。
これは、キットが固定されてる事、定員の1/3の就寝スペースの確認(スケールで車内幅測ってました)
ベット(エアマット)の確認をしてました。 問題無しで、次に灯火類の確認に入ります。

ここでなんとダメ出ました。 テスター屋さんで指摘受けてたFウインカーです。オレンジの色が薄いから駄目だそうです。

カーン 再検査決定。
P1060850_convert_20110104205539.jpg


気を取り直してレーンに入ります。
P1060848_convert_20110104205437.jpg

最初にサイドスリップの確認。 ゆっくりハンドルを切らず走りぬけます。OK

レーン上部の電光掲示板に従い車を前進します。
次にブレーキテスト。これも電光掲示板に従い、ブレーキをぎゅっとふみます。サイドブレーキもテストします。
OKなら、スピードメーターテスト。 ギアを入れ40kmまでアクセルを踏みます。40kmで安定させ、パッシングすればOK出ます。 次に光軸。ライトをハイにして待ちます。OK。

レーン前進して、排ガス検査。 プローブと言われる棒を、マフラーに差し込み待ちます。
これも電光掲示板の指示に従い行ないます。はいOK。 ここで書類「自動車検査表」を自動記録機に突っ込み合格印を押します。

レーン前進。 下回り検査に入ります。 エンジンを止め、電光掲示板を良く見て、 「ハンドルをはなす」、「ブレーキを踏む」、「サイドブレーキをかける」等指示が出ますので、従います。

はい終了。 レーン前進し総合判定所で、自動記録機に記録させます。 問題無ければ判定室に書類を提出しハンコを貰い終了ですが、 今回はダメ貰いましたので、さっさとテスター屋さんに向かいます。

こちらで、新品のバルブに交換し、再試験に戻ります。

「ウインカーダメだったんですねー。 取り替えました?」 「ハイ!」
点灯させ、 「ハイOKです」

よっしゃー! レーンに入らず戻る様指示され、駐車場に向かいます。
書類を持ち、総合判定所に行き、チェックしてもらいます。ハンコを貰えば終了。

多摩登録審査事務所に戻り、6番窓口に書類を提出。 
新車検証と窓に張るステッカーをもらい終了です。
IMG_0232_convert_20110104210916.jpg

レーンは10分程度、待ちは無し。再検査しても1時間もかからず完了しました。


ユーザー車検は、簡単に出来ます。 しかし自動車屋さんにお願いしないという事は、整備不良で事故るリスクを自分で負うということです。
それを理解して、別途点検に出すとか、自分で最低限整備するとか、何か安全策をしなければいけません。
これを見てチャレンジするのは良いのですが、リスクを承知してからお願いしますね。
スポンサーサイト





【】
年末だとライン待ちで大渋滞だけど、年始は空いてますね~
【Re: タイトルなし】
スカスカで、いるのはアマのユーザー車検な人ばかり。
検査官はじっくり見てくれて、ひやひやでした。 混んでる日の方が良かったかもです。
【】
ご無沙汰してます。私のサンバーも昨年末に車検だったのですが、ダートラ仲間に車屋さんがいるので、お願いしちゃいました ちなみに同じマンションに住んでいるホ○ダOBの方は車もバイクもユーザー車検だそうで、「簡単だよ~」と言われてました。今度トライしてみようかな~♪
【Re: タイトルなし】
簡単です。 ちょっと予備知識を得て、昼間一日無駄にすれば こまつ@db2 さんなら楽勝です。
家庭経費削減の昨今トライ必須です。 お勧め!
この記事へコメントする















88HUSQ

Author:88HUSQ
いわゆるリターンライダーです。 66年製 子供高1男&中1女 サラリーマン(電気施工管理)です、子育て、エンデューロ参戦(最近出来ません)と忙しい毎日です。
 88ハスクバーナ250WRが愛車です。 過去の栄光を再びと想い スピードアップの為の練習始めました。
 
戦績
1986 ザバイクMXミーティング 1hエンデューロ  4位
1986 スズキSBS MX大会 ノーマルエンデューロ  2位
1987 羽鳥サバイバルエンデューロ クラスP   12位
1988 羽鳥サバイバルエンデューロ クラスE    9位
1988 オフロードフェスティバルIN戸刈 15hエンデューロ6位
1988 オフロードフェスティバルIN斑尾 24h耐久    2位
1989 HTDE タイムオーバー ( くそー )
1989 ハスクバーナ購入
1990 パレ那須 4h ヘアースクランブル     8位
1990 BAJA PROMOTIONS TECATE GP        FINISHER
1990 トヤマ スーパーエンデューロ Cクラス   1位
1992 ブルーオイルカップ エンデューロ Cクラス 3位

結婚を機に バイクライフ中断。
子供用 PW80を購入後 徐々にバイク復帰
子供達と共にバイクライフ満喫してます。
NEW ハスクに興味深々 ですが、まだかな~

現在の閲覧者数:
Ride publication Co.,ltd. BIGTANK BLOG-R HUSQVARNA MOTORCYCLES JAPAN HUSQVARNA PARTS.COM CAFE HUSKY JEC PROMOTIONS JNCC エムシーギア ワークスアンリミテッド モンドモト